読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KYOTO NATURAL SCENE2

京都よりOLYMPUS PEN Liteにて

袴田事件!

袴田事件 3月末頃ラジオのニュースで聞いて初めて事件を知りショックを受け読み始めた。 2014年3月27日付の日本経済新聞より  「袴田さん48年ぶりに釈放 再審決定受け」  静岡地裁の村山浩昭裁判長は再審開始を認めた27日の決定で「捏造(ねつぞう)の疑いのある証拠によって有罪とされ、死刑の恐怖の下で拘束されてきた。これ以上拘束を続けることは正義に反する」としていた。  P4066077.JPG

袴田事件 山本徹美 著 著者は記録資料と現地取材をそのまま綴っている。 これは現実の出来事。 事件は1966年6月30日「有限会社王こがね味噌橋本藤作商店」専務の自宅が放火された。焼跡から専務(41歳)、妻(38歳)、次女(17歳)、長男(14歳)の計4人の他殺死体が発見される。一家の中では別棟に寝ていた19歳の長女が唯一生き残った。というもの。 つじつまの合わない事ばかり言っている一部の警察と検察には憤りを感じる。 思わず、「はぁ?なんでそうなるねん!」って、本を読みながら言ってしまう。 その反面、関係者の善良な人々の葛藤や空しさや助けられない懺悔が伝わる。

↓ 参考 ■NHK 時論公論
 「袴田事件"国家機関が無実の人を陥れた"」
■47NEWS
  【袴田事件】 一審死刑判決、今も悔やむ 「謝りたい」と元裁判官
■47NEWS
  【袴田事件、証言誘導か】「本当は見覚えなかった」 「凶器販売」の刃物店員 法廷での証言、今は後悔

ルービン・カーター事件 映画 ザ・ハリケーン 黒人差別に基づく冤罪事件。主演デンゼル・ワシントン

広告を非表示にする